京都大学 ヒト行動進化研究センター 高次脳機能分野


ENGLISH

TOPICS

  • 新着論文を掲載しました(2022.6)。
  • ヒト行動進化研究センター高次脳機能分野として新たに活動を開始しました(2022.4)。
  • 「メンバー」「研究資金」を更新しました(2022.4)。

NEWS

  • 6/30-7/3に沖縄で開催された第45回日本神経科学大会/第65回日本神経化学会大会/第32回日本神経回路学会大会 (Neuro2022)において、神経科学Gから7つの研究成果が発表されました。
    1. 中村教授、眞下技術補佐員の研究発表(ポスター)
      [1LBA-073] マーモセットへのGO/NO-GO課題の応用
      *中村 克樹、眞下 久美子、岩沖 晴彦

    2. 鴻池特定助教、三輪特定研究員、中村教授と新潟大学との共同研究(ポスター)
      [1P-265] 刺激間間隔が聴性定常反応の同期活動に与える影響
      *鴻池 菜保、岩沖 晴彦、三輪 美樹、伊藤 浩介、中村 克樹
    3. 勝山特定助教、中村教授の研究発表(ポスター)
      [2P-276] マカクザルで観察された逆向現象知覚
      *勝山 成美、西村 洋志、中村 克樹
    4. 戸塚大学院生、鴻池特定助教、中村教授の研究発表(ポスター)
      [3P-037] 情動視覚刺激に対する内側前頭前野ニューロンの応答
      *戸塚 めぐみ、岩沖 晴彦、鴻池 菜保、中村 克樹
    5. 名古屋大学医学部(現・滋賀医科大学)、東京都立大学と中村教授との共同研究発表(ポスター)
      [1P-242] FTLDモデルマーモセットを用いた認知機能評価および摂食行動評価の確立  
      *金 侑璃、岩田(遠藤) 邦幸、畑 純一、力武 聖月、勝野 雅央、祖父江 元、中村 克樹、石垣 診祐
    6. 九州工業大学と鴻池特定助教、中村教授との共同研究発表(ポスター)
      1P-319] マーモセットの個体識別・追跡を目的とした機械学習による標識タグの開発
      *曾 彩華、鴻池 菜保、中村 克樹、花沢 明俊
    7. 新潟大学、京都大学野生動物研究センターと鴻池特定助教、中村教授との共同研究発表(一般口演)
      [3O05a1-01] ヒト脳進化により大脳新皮質の感覚処理にかかる時間は延長した:霊長類4種における無侵襲の聴覚誘発電位計測による検討 
      *伊藤 浩介、鴻池 菜保、禰占 雅史、岩沖 晴彦、五十嵐 博中、平田 聡、中村 克樹
  • 神経科学Gの鴻池特定助教、中村教授と伊藤新潟大学准教授との共同研究論文がオンライン掲載されました(2022.6)。 Kosuke Itoh, Naho Konoike, Haruhiko Iwaoki, Hironaka Igarashi, Katsuki Nakamura (2022) A novel “dip-in electrode” method for electrode application to record noninvasive scalp electroencephalograms and evoked potentials in an awake common marmoset. Neuroimage: Reports 2(3) 100116-100116 https://doi.org/10.1016/j.ynirp.2022.100116
  • 神経科学Gの鴻池特定助教、三輪特定研究員、中村教授と伊藤新潟大学准教授との共同研究論文がオンライン掲載されました(2022.5)。 Konoike, N., Iwaoki, H., Miwa, M. Sakata, H. Itoh, K. Nakamura, K. (2022) Comparison of non-invasive, scalp-recorded auditory steady-state responses in humans, rhesus monkeys, and common marmosets. Sci Rep 12, 9210. https://doi.org/10.1038/s41598-022-13228-8
  • 神経科学Gの鴻池特定助教、中村教授と住友ファーマとの共同研究論文が掲載されました(2022.5)。 Iwamura Y, Nakayama T, Matsumoto A, Ogi Y, Yamaguchi M, Kobayashi A, Matsumoto K, Katsura Y, Konoike N, Nakamura K, Ikeda K. (2022) Effect of dopamine receptor-related compounds on naive common marmosets for auditory steady state response. J Neurophysiol. https://journals.physiology.org/doi/abs/10.1152/jn.00147.2022
  • 生体機構Gの豊田大学院生、西村准教授らの研究論文が掲載されました(2022.4)。 Toyoda N, Ito T, Sato T & Nishimura T. (2022) Ontogenetic differences in mandibular morphology of two related macaque species and its adaptive implications. Anatomical Record. https://doi.org/10.1002/ar.24936
  • 生体機構Gの西村准教授らの国際共同研究論文が掲載されました(2022.4)。 Dominique GOMMERY, Brigitte SENUT, Martin PICKFORD, Takeshi D. NISHIMURA & Joseph KIPKECH. (2022) The Late Miocene colobine monkeys from Aragai (Lukeino Formation, Tugen Hills, Kenya). Geodiversitas, 44(16): 471-504. https://doi.org/10.5252/geodiversitas2022v44a16
  • 生体機構Gの西村准教授らの国際共同研究論文が掲載されました(2022.4)。 Mikaze Kawada, Masato Nakatsukasa, Takeshi Nishimura, Akihisa Kaneko, Naomichi Ogihara, Shigehito Yamada, Walter Coudyzer, Christoph P. E. Zollikofer, Marcia S. Ponce de Leon, Naoki Morimoto (2022). Human shoulder development is adapted to obstetrical constraints. Proceedings of the National Academy of Sciences, 119(16):e2114935119. https://doi.org/10.1073/pnas.2114935119

バナースペース

京都大学ヒト行動進化行動センター
高次脳機能分野